インターネット発の新たなマンガ制作の場をつくるスマホ時代のマンガ家支援プログラム【RouteM】

インタビュー:よねまる先生

Home»インタビュー:よねまる先生

インタビューinterview

Home»支援体制»よねまる先生

よねまる先生

RouteMを通して自分の描ける作品に気づくことができた、というよねまる先生。
「自分の好きなものを描いてる」、充実感のあるエピソードを語っていただきました。
マンガ雑誌とウェブマンガで感じた「違い」についても伺いました。
どこでマンガを描こうか迷っている方は、参考にしてみてください。

1.RouteM所属前の活動について聞かせてください。

学生時代は、大学の芸術学部で日本画を勉強していて、マンガは趣味で描いていました。
その後、就職活動を経て書店の事務のお仕事につきました。

残業がない仕事なので、夜に時間が空き、マンガ教室に通い始めました。
マンガ賞に応募してみると新人賞を頂くことができたので、本格的にマンガ家を目指そうと考えます。
少年誌や青年誌に編集担当が付き、賞応募用の作品を描いて数回新人賞を受賞するも、連載に向けて企画はうまくいかない期間が2年くらい続きました。

2.RouteMに応募したきっかけは?

GANMA!やRouteMのことは、ウェブマンガ好きの友人が教えてくれました。
連載会議で落とされる日々が続いて、「マンガがなかなかうまくいってないんだよ~」って相談した時でした。

RouteMは、自分の頑張り次第でランクが上がっていくというのが良いなと思いました。
何も保証がないより頑張れる!という印象でした。

3.持込みから連載企画の立ち上げの過程はどういう印象でしたか?

3.持込みから連載企画の立ち上げの過程はどういう印象でしたか?

マンガ雑誌で連載企画を考えていたときと、RouteMで連載を立ち上げた時の一番の違いは、
「自分の好きなものを描いてる」ことだと思います。

GANMA!の編集担当には「本当にやりたいものを描いてきて」と言われたことが印象です。
今までは「今こういう感じのものが流行っているので」「こういう絵柄を作品を描いてきて」
というオーダーにあり、それに合ったものを描いてきました。

現在GANMA!で連載しているマンガの題材である「多肉植物」は
自分が好きなものだし、題材として特徴があって広げやすいので連載できるかもしれない!と思いました。

これまでは少年や青年向け雑誌でマンガを描いてきましたが、
自分が女性向けの作品を描くことに向いているというのも新しい発見だったなと思います。

4.RouteMのメリットとは

同じマンガ家同士で交流できる機会が定期的にあるのが、すごくいいなと思っています。
新しいマンガ家さんもどんどん増えていきますし、「マンガ家の知り合い」が増えていくのが楽しいです。

5.RouteM所属中に印象に残るエピソードがあれば教えてください。

5.RouteM所属中に印象に残るエピソードがあれば教えてください。

とにかく展開が速くて怒涛でした…笑
やはり単行本を出せたことが最も印象的です。
単行本の発売が決まったと知った時は、達成感で2日間くらい余韻に浸ってました笑

両親がマンガ家を目指すことを一番心配していて、事務の仕事を続けてていてほしいと言われていたので、
単行本を発売したことで仕事してちょっとは認めてもらえたと思います。

刷り上がった単行本を持参して、実家に出向いたら、両親はすでに何十冊も買っていて。
「頑張ったな」とお祝いしてもらって、両親に安心してもらったことですごくホッとしました。

6.RouteMを考えている人にメッセージを

6.RouteMを考えている人にメッセージを

様々な会社や編集部とお付き合いを経験として思ったのですが、
追い詰められれば追いつめられるほど、視野が狭くなると思います。
RouteMに入りGANMA!で連載することで、リアルタイムに自分のマンガの感想を見ることができるのは、とても有意義な環境だと思います。

仕事の様子

  • 仕事の様子

    我が家のタニクさんたちです。

  • 仕事の様子

    パソコンと液タブを使って製作をしています。

  • 仕事の様子

    息抜きにはお酒でリフレッシュです!

作品紹介

「タニクちゃん」

「タニクちゃん」
職なし、彼女なしの花田章(34歳)は、突如母親の経営する多肉植物専門店『PAPAS』を任された!?全滅の危機に瀕した多肉植物たちのとった行動は… 個性豊かな多肉植物の妖精(?)たちと章が紡ぐ、異色の多肉植物育成コメディ!